グルコサミン

コンドロイチンは老眼にもいい

老眼の原因をご存知でしょうか。
若い頃はぴたっと焦点があっていたので、遠くを見る時も近くを見る時もきちんと見ることができました。
しかし、歳をとると、どうしてもこのピントの切り替えがうまくいかなくなります。
これが老眼と呼ばれるものです。

近くのものが見えにくくなってしまいます。
どうしてこんなことになってしまうかというと、コンドロイチン不足が関係しています。
加齢に伴い、コンドロイチンの量が減っていきます
そうするとコンドロイチン不足が影響し、網様体の動きが悪くなります。

そうすることでレンズの調整がうまくできなくなってしまうのです。
ですから、逆に考えれば、しっかりとコンドロイチンを摂取しておけばそこまで激しくピントが合わないことはなくなるというわけです。
当然ながら、老眼が始まってからいくらコンドロイチンを摂取したところで視力が回復することはありません。

しかし、目の疲れ、違和感というものは少しずつですが、減らすことが可能です。
老眼にもコンドロイチンが効果的です。
できれば老眼になる前から摂取しておくのが魅力的です。

そのほか、目の病気、とりわけ白内障なんかにも効果を発揮してくれると考えられています。
積極的に摂取しましょう。



このページの先頭へ