グルコサミン

コンドロイチンは軟骨に欠かせない

そもそもコンドロイチンという語が、軟骨という意味を持っています。
ですから、コンドロイチンと軟骨は密接な関係があるといえます。
軟骨は主に、70%の水分と、30%近くのコンドロイチンで形成されています。
軟骨には血液がありません。

普通は血液によって老廃物が運ばれたり酸素や他の栄養分を運ぶわけですが、残念ながら軟骨はそれができません。
そこでどういう仕組みになっているかというと、軟骨が大きな働きをしてくれているのです。
それだけではありません。
軟骨があるがゆえに、骨と骨とのクッションとしても役割を果たしてくれます。

このクッションがあるおかげで、神経が当たったり、骨どうしがぶつかったりすることもないのです。
ですから、快適に生活を送るためには、このコンドロイチンの活躍が欠かせないということができます。
しかし、残念ながら、軟骨に蓄えられている水分、軟骨は歳と共に弱っていってしまいます
そこで補う必要が出てくるわけです。

コンドロイチンを摂取すれば、水分をひきつけ、保持する効果があるので軟骨を復活させる力を持っているのです。
軟骨とコンドロイチンは切っても切れない関係にあります。
ですから、毎日コンドロイチンを摂取すれば、元気な軟骨をゲットできます。


このページの先頭へ