グルコサミン

コンドロイチンを構成しているもの

関節痛を救ってくれる強い味方がコンドロイチンですが、実際に何を原料にして作られているのでしょうか。
それがなんと、サメの軟骨からできています。
サメは一匹当たり、あの大きさですので相当な数の軟骨を摂取することができます。

つまり、それだけ大量にとることができるということは必然的に価格も安く提供することができるという点です。
ですから、コンドロイチンのサプリメントの特徴は比較的に安価であるという点にあります。
安価であるから効果がないというわけではありません。
コンドロイチンは軟骨という意味がある通り、私たちの体の一部である軟骨に欠かせない働きをしてくれるものです。

軟骨は骨と骨のクッションです。
守る働きがあります。
また水分保持能力が高いので安定しているともいうことができます。

しかし、この軟骨は時間と共に少しずつ減ってきてしまいます。
ですから外から補うことが非常に大切なのです。
そこで一番有用なサプリメントがコンドロイチンというわけです。

毎日摂取すれば、関節痛の痛みが少しずつ和らいでいきます。
更に水分保持が体の様々な面で健康に役立ってくれるのです。
こう考えると、サメに感謝しないといけません。
自然の物に勝るものはないのです。


このページの先頭へ