グルコサミン

コンドロイチンは関節のための栄養素

関節は普段から酷使されています。
そもそも関節は私たちの体がよりスムーズに動くためにあるものですが、使いすぎることにより負担がかかります。

そしてその負担が、軟骨にかかる場合がほとんどです。
軟骨は骨と骨の間にあるものでゼリー状です。
これにより関節が守られます。

この軟骨がコンドロイチンと水でできているのですが、コンドロイチンは体内での生成が歳と共にすくなくってしまいます。
そうなると、コンドロイチンは、水分を保持する力もあるわけですので、コンドロイチンが不足すると、水分も不足します。
そうすると軟骨はどんどんすり減っていく一方になるというわけです。
これは何もお年寄りだけに関係する話ではありません。

若い人でもスポーツ選手は特に関節を酷使します。
ですから、関節がダメージを受けることがよくあるのです。

そこでコンドロイチンを摂取できます。
普段の食物から摂取する場合は、ねばねばした食べもの、オクラ、納豆などから摂取できます。

どうも苦手な人は、サプリメントの形で摂取することができるのです。
いつでも気軽に摂取できるというメリットもありますし、味がしないというメリットもあります。
関節の痛みを少しでも和らげるために、疲れた軟骨にコンドロイチンを与えてあげましょう。

このページの先頭へ