グルコサミン

コンドロイチンで関節炎対策

運動は体にとって大切です。
代謝をよくして免疫力を向上させてくれます。
ですから、健康のために適度な運動は欠かせません。

しかし、体を動かすことが仕事になっている人はどうでしょうか。
重い荷物を毎日運ぶ必要がある、介護の仕事でお年寄りをサポートする、力仕事をしているといった場合です。

こうなってくると体の一部分に大きな負担がかかります。
とりわけ負担がかかるのが関節であるといえます。

極度に関節に負担をかけ続けると関節炎になります。
そうすると関節を動かすだけでも激痛が走ります。
ではどのようにこのような症状を緩和する、また防ぐことができるのでしょうか。

それはコンドロイチンの摂取です。
コンドロイチンは軟骨を形成している物質で、軟骨は関節をスムーズに動かすうえで非常に大切な働きをします。

関節に負荷がかかるということは、軟骨にも負荷がかかります。
それゆえにそのダメージは蓄積されていきます。

そうすると、軟骨をいたわることが必要になってきます。
なぜなら、体の中でコンドロイチンを生成するのは少しだけだからです。

ですから、しっかりとコンドロイチンを摂取しないと、炎症はひいてもまたすぐに痛めてしまいます。
これが腰痛などが癖になる原因の一つです。
コンドロイチンをしっかりと摂取してサポートしましょう。

このページの先頭へ