グルコサミン

コンドロイチンはいつまでも存在しない

コンドロイチンは私たちの軟骨を形成している非常に大切な成分の一つです。
軟骨はほぼ、水分とコンドロイチンで形成されています。
軟骨は骨と骨がスムーズにつながり機能するように保護してくれる働きを持っています。
これにより、骨どうしがぶつからないように守ってくれているのです。

しかし、もし軟骨がなければどうでしょうか。
骨どうしがすれ合うので当然ですが激痛が走ります。

私たちの体は本当によくできています。
しかし、軟骨も消費してしまいます。
長年働いてきた軟骨はすり減ってきてしまうのです。

コンドロイチンは体内でも生成されますし、若いころは何の問題もありません。
しかし加齢と共に生産量も減少し、体内のコンドロイチンもどんどん減少してしまいます。

減少したらしっぱなしでは体に対する負担が大きいです。
ですから、外から食物で補うしか方法がないわけです。
そこでどうやって補えばよいかということになるわけですが、基本的に、サプリメントで補うことができます。

毎日、サプリメントでコンドロイチンを摂取すれば、少しずつ軟骨は復活します。
ですから摂取し続けることが大切になってきます。
あきらめずに毎日摂取すれば、確実に効果を発揮するのです。


このページの先頭へ