グルコサミン

コンドロイチンとヒアルロン酸がもたらす働き

この二つの成分、コンドロイチンとヒアルロン酸は似た働きをしてくれます。
それが何かというと、体内での水分保持です。
多くの水分を蓄えるという点で非常に良い働きをします。

コンドロイチンは関節痛の薬で、ヒアルロン酸は主に美容目的で使われるというイメージが強いですが、両方とも水分保持には欠かせない物質なのです。
ではどんな点で異なっているのでしょうか。
最初に言えるのが、原料です。

コンドロイチンの原料はサメの軟骨です。
一匹のサメで相当の軟骨が摂取できるので、比較的安価で購入することができます。
供給量が多いからです。

ではヒアルロン酸はというと、鶏のトサカの一部分からしか摂取できません。
ですから、比較的摂取が難しいので高値になってしまうということが言えます。
更に、コンドロイチンは体内に一定の期間とどまることができますが、ヒアルロン酸は外に放出されやすい特徴を持っています。

ですから、どちらにしても定期的に摂取することが求められます。
健康に関しても、間接に関しても、また美容においても欠かせない働きをしてくれるのがこの二つの物質です。
働きは似ていて、少し特徴が異なりますが、バランスよく二つとも摂取するなら大きな効果を期待することができます。


このページの先頭へ