グルコサミン

グルコサミンと相性抜群なコンドロイチン

グルコサミンは体内で作られます。
しかし悲しいことに歳と共にその生成率がぐっと下がります。

それに伴って、関節がうまく機能しなくなり、骨同士がすれたりすることによって痛みを生みます。
そうすると、非常につらい思いをするだけではなく、動くこと自体が嫌になってしまうのです。

この状況を打破するのによいのが、サプリメントの摂取です。
サプリメントの魅力の一つは、同じ働きをするもので補う力があるものを摂取することで、効果をより実感することができます。

コンドロイチンもグルコサミンと同じようにもとから体内にある成分ですので安全であるということができます。
それに加えて働きも似ています。
コンドロイチンは関節痛の痛みを和らげて、軟骨の働きを強くすることができるのです。

ですから、この二つの栄養素は非常に相性がいいと言えます。
それを知っているサントリーなどの大手メーカーは、サプリメントを販売する際に、グルコサミンとコンドロイチンを一緒にしたものを販売しています。
そういったものの口コミなどをインターネットで調べて購入することにより、さらなる効果を期待することができるのです。

何にでも相性があります。
それは、栄養素も同じです。
より高い効果性のものを利用するために相性のいいものを選ぶことができます。

このページの先頭へ