グルコサミン

腰痛対策にコンドロイチン

昔は重い荷物を持っても何にも感じなかったのが、歳をとると少し動くだけでも腰がいたくなります。
それだけではありません。
ひどい場合は動けなくなることすらあります。

そうです、若いころは何ともなくても歳をとると厳しくなる、これがどういうことかというと、若いころには回復能力も高いですし、関節を保護するコンドロイチンもたくさんあります。
しかし、歳をとると、関節のクッションである軟骨がすり減り、コンドロイチンも不足します
そしてそのダメージがどんどん蓄積されていきます。

ですから、この問題を解決する方法は二つです。
若くなるか、コンドロイチンを摂取するか、そうです、コンドロイチンを摂取するしか道はありません。
一時的な治療であれば、整体で骨のゆがみを直してもらう、コルセットをつけるといった感じで大丈夫ですが、あくまで外からの治療となりますので、やはり中から働きかけることが大切です。

どうすることができるでしょうか。
それが、コンドロイチンの摂取です。
毎日コンドロイチンを摂取すれば少しずつですが、腰痛を中から治すことができます。
癖になって、慢性の腰痛に悩まされているのであれば、コンドロイチンを試してみることができるのです。

このページの先頭へ